アスタキサンチンが目にもたらす効果と副作用

アスタキサンチンには知られざる効果があった

 

 

アスタキサンチンと目

 

アスタキサンチンという名前をよく聞くけど、あなたはアスタキサンチンがどんな成分で効果はどのようなものがあるか知っていますか?

 

実は目や美容にもいいと言われています。そんなアスタキサンチンの効果についていまとめてみました。

 

 

 

アスタキサンチンとはどのような成分なのか

 

アスタキサンチンと成分

 

アスタキサンチンはどのような成分なのかというと、ルテインと同じようにカロテノイドと言われる天然色素の1種です。

 

どのような食べ物に含まれているのかというと、サケやカニ、エビなどに多く含まれています。

 

アスタキサンチンはタンパク質と結合した状態では青っぽい色をしています。

 

でも、加熱することでタンパク質と分離して、アスタキサンチン本来の赤色になります。エビやカニなどをゆでると赤くなるのはこのためです。

 

摂取することで期待される効果

 

アスタキサンチンは抗酸化力が強いと言われています。

 

抗酸化力とは何かと、細菌やウイルスなどの攻撃から身を守るための物質である活性酸素が過剰に摂取することで細胞を錆びつかせて、生活習慣病の発症や老化を早めることを防ぐことを言います。

 

アスタキサンチンの効果はどのようなものがあるかというと、以下の通りです。

 

  • 眼精疲労を軽減
  • 疲労回復
  • シワを防ぐ
  • 肌の弾力を保つ

 

眼精疲労を軽減

 

血液の流れをよくする働きがあり、酸素や栄養を目に届けて疲労回復を助けると言われています。

 

研究でアスタキサンチンを毎日5mgを1ヶ月摂取し続けたところ、ピント調整力が改善したと言う結果があります。

 

疲労回復

 

アスタキサンチンを摂取したチームとしなかったとチームと屈伸運動の回数はどうか半年間続けてみたところ、

 

摂取し続けたチームが3ヶ月、6か月ごと数値が多くなり、筋肉疲労の軽減がされたという結果があります。

 

シワを防ぐ

 

アスタキサンチンの抗酸化作用には、シワの原因ととなる紫外線を、コラーゲンの減少や変化を防いで、シワ予防が期待できると言われています。

 

肌の弾力を保つ

 

アスタキサンチンは肌に塗ることで肌の水分量が上昇することが分かっています。

 

1日に2mgのアスタキサンチンを摂取して、2週間後、4週間事後と肌の水分量を測定してみると、摂取しなかった人に比べて、日に日に目元や頬のどちらも水分量が上昇したという結果があります。

 

このようにアスタキサンチンには美容だけでなく目、疲労回復も期待できることがわかりました。

 

でも、そんなアスタキサンチンには副作用はないのでしょうか。気になったので調べてみました。

 

アスタキサンチンの過剰摂取による副作用

 

アスタキサンチンの副作用

 

アスタキサンチンによる副作用について調べてみましたが、今のところ副作用が出たと言う報告はないとのことでした。

 

でもアスタキサンチンの摂取を気をつけたほうがいい人がいることがわかりました。

 

それは、どんな人なのかというと、甲殻類アレルギーを持っている人です。

 

甲殻類とは、エビやカニなどのことを指します。

 

もし、甲殻類アレルギーを持っている場合は食べ物から摂取するのではなく、アスタキサンチンのサプリから摂取したほうがいいです。

 

アスタキサンチンは、食品から摂取するのが理想ですが、なかなか毎日アスタキサンチンを取り入れるのは難しいです。

 

そんなときは、サプリを取り入れたりして利用してみるのもアリですよ♪

 

飲んですぐに結果が出てくるものではありませんが、続けてみるとで少しずつ変化が出てくると思います。

 

 

アスタキサンチン配合!アスタブライト