ドライアイの症状と予防法

ドライアイは病気としての認識が低いけど、放っておくと大変なことに…!

 

ドライアイ

 

疲れ目と訴える人が多いですが、実は疲れ目の感じている人のほとんどが、ドライアイという結果が出ています。しかも、ドライアイは目の表面に傷があるということがわかりました。

 

そんなドライアイの症状や原因、予防法、どんな食品やサプリを選んで摂取したらいいのかをまとめてみました。

 

 

実は気づかないうちにドライアイの症状になってる?

 

どんな症状の場合、ドライアイなのかというと、主な症状は以下の通りです。

 

  • 目が充血する
  • 目がショボショボして開けているのがツライ
  • 視野がぼやける
  • 目が疲れる
  • 目が重い
  • 目がゴロゴロする 
  • 目が痛い
  • かゆい
  • 視力が低下する

 

などがあります。初期のドライアイの場合は、ほとんどの人が気づいていません。病気としての認知度がドライアイはまだ低いため、放置している人が多いです。

 

しかし、ドライアイを放っておくと、乾燥によって、目の表面が傷つき、重度の視力障害になってしまう恐れもあるので、注意が必要です。

 

ドライアイは実はいろんなことが原因となって絡んでいた!

 

ドライアイを直訳すると、乾いた目となります。しかし、医学上では、【涙の異常によって角膜や結膜が傷ついた状態】のことをドライアイと言います。

 

ドライアイの原因としては、以下のものがあります。

 

  • パソコンをよく使う
  • 加齢で涙の量が減る
  • 過労
  • ストレス
  • 空気の乾燥 
  • 薬の服用
  • 目の病気

 

などが挙げられます。またドライアイには、涙も深く関係があります。涙の役割はどんなものがあるのかというと、目の乾燥を防ぐ、異物を洗い流すなど、目を保護するために欠かせないとても大切な働きをしています。

 

また、人間の体内で唯一、血管が通っていない角膜への酸素や栄養を運ぶのも涙の役割です。

 

しかしドライアイになると、涙本来の働きができなくなってしまいます。そのため、目にいろんなトラブルが起きやすくなるのです!

 

ドライアイを予防するにはどうしたらいいの?

 

ドライアイの予防法にはいくつかあります。どのような点に気を付ければいいのか、まとめてみました。

 

ライフスタイルを見直す

 

実はドライアイは、ちょっとした生活習慣やライフスタイルを見直すだけでも、ずいぶん改善することができます。そんな予防法にはどんなものがあるのかというと、以下の通りです。

 

  • 針仕事など細かい作業をするときは、意識して瞬きをする
  • エアコンの風が直接、当たらないように座る位置を工夫する
  • パソコンでの作業では、適度に休憩を入れて、目を休ませる
  • 車の運転は常に余裕を持ち、リフレッシュ休憩を取る
  • 冷暖房器具は加湿器とセットで使うように心がける

 

ドライアイを予防するには、どれも普段の日常生活の行動にちょっと気を付けるだけで、見直すことができるものばかりです。上記の予防法に共通する点は、まばたきを増やし、湿度を保つことです。

 

細かい作業やパソコン操作、車の運転をすると、またばきの回数が減ります。ドライアイとまばたきって関係なさそうにみえますが、まばたきは目の表面に涙を送り込む役割をしています。

 

そのため、まばたきが減ると涙が蒸発しやすくなり、目が乾きやすくなります。作業をする際は、こまめに休憩を心がけて、目を休めることが大切です。

 

アイメイクを気を付ける

 

これは、アイメイクをする人に言えることですが、メイクをしっかりと落とすことです。まつ毛の内側にはマイボーム腺という、整列している小さな点のようなものがあります。マイボーム腺は油を分泌する機能があります。

 

スキンケアで例えると、涙が化粧水で、マイボーム腺から出る油が乳液であり、水分を蒸発しないように保湿しています。

 

しかし、アイメイクをするときに、まつ毛の生え際にアイラインを入れたり、アイシャドウやマスカラを塗ったりして、マイボーム腺をふさいでしまい、機能しなくなってしまう可能性が高くなっています。

 

そのため、涙で目が潤されても、水分が逃げないようにする役割の油がなければ、水分が蒸発してしまうため、目が乾き、ドライアイになってしまいます。

 

だから近年、眼科に通う女性が増えているのも、アイメイクが原因と考えられています。

 

どこにも出かけずに、家にいるときだけでもアイメイクはせずに、マイボーム腺が機能しやすいようにしてあげるのも大切なドライアイ予防の1つです。

 

食生活を見直す

 

食生活が乱れていて、緑黄色野菜があまり摂取できていない場合は、ルテインが減っていると考えられます。ルテインとは、自然界のみにしか存在しないカルテロイドと呼ばれる色素の一種です。

 

ルテインは、どんな効果があるのかというと、活性酵素とよばれる体を酸化させ、老化やさまざまな病気の原因ととなる悪玉酵素を防ぐ抗酸化作用あります。そのため、ここ10年でルテインへの注目度

 

どんな野菜に含まれているのかというと、主に、ケールやほうれん草に多く含まれています。

 

 

でも、仕事の付き合いが多くて、外食が多かったり、仕事が不規則でバランスのいい食事ができない、また野菜嫌いだから食べれない…なんて人もいるかもしれません。

 

そんな人には、ルテインサプリが便利です。一言でルテインサプリと言っても、天然成分で作られたものと合成物で作られたものの2種類があります。

 

いくらルテインが含まれているからといっても、合成物で作られたものだと、多量摂取して副作用を起こす可能性も高くなります。そのため、原材料には何が使われているのかは、ちゃんと確認することが必要です。

 

ドライアイといっても、さまざまなことが絡んでいることが分かりました。でも、普段のライフスタイルを見直すだけでも、予防できることがたくさんあることもわかりました。

 

目をうるおすことも大切ですが、日ごろからの生活も一度見直してみるのも大切です。