眼精疲労の原因と対策

眼精疲労は実は体が発する病気性のシグナルだった!

 

眼精疲労の対策

 

眼精疲労と聞くと、目が疲れてしまったというイメージがあるかもしれませんが、実は、眼精疲労によって引き起こされる症状が肩こりや頭痛など体のいろんなところに影響が出ます。

 

そんな眼精疲労が簡単な対策方法で予防できることが分かりました。どんなことに気を付けたらいいのか、また眼精疲労になってしまった時の症状にはどんなものがあるのかを調べてまとめてみました。

 

 

眼精疲労とはどんな病気なの?

 

眼精疲労とは、目に疲れがたまることで、頭痛や肩こり、微熱など全身に不具合を引き起こすトラブルのことを指します。

 

目の疲れを感じても、しばらくすると落ち着いてくるため、特に処置をすることなく忘れてしまう場合がほとんどです。でも、落ち着いたからといって放っておくと、重症化してしまう恐ろしい病気です。

 

パソコンやスマホが普及している現在、悩まされている人は多いと言われています。

 

何が原因で引き起こされるの?

 

眼精疲労には、いろんな原因が考えられます。大きく分けると、以下の分類にできます。

 

  1. 調整機能の低下
  2. 筋肉の働きの異常
  3. 視神経の疲労
  4. 他の病気の影響
  5. 精神的なストレス

 

調整機能の低下は眼鏡やコンタクトレンズを使用している人がレンズと視力があっていないことが原因でよけいに目の疲れを引き起こしてしまいます。

 

近視や遠視など、目の見え方は年齢とともに、変化していくものなので、定期的に検査を受ける必要があります。また、レンズに傷がついているような場合も目の疲れを誘発するので、よくチェックする必要があります。

 

眼精疲労は目を使う環境や生活習慣とも密接な関係があります。視神経の疲労とは、目を酷使すぎることで、目の筋肉だけでなく、視神経の働きが悪くなって起こります。

 

デスクワークや読書などをする際は、作業時の照明の明るさ、姿勢などをチェックしてみるように心がけるといいです。

 

さまざまの症状の背後に何か病気が隠れていないかチェックすることが必要です。結膜炎やものもらい、白内障、緑内障といった目の病気のために目の組織にかかる負担が増え、結果的に眼精疲労になるケースもあります。

 

また、目だけでなく、糖尿病や高血圧、動脈硬化、心臓病、肝臓病など、最近増えている生活習慣病からも眼精疲労が発生することがあります。そのため、ちょっとでも違和感があったり、症状で悩まされていることがあるなら、一度、病院で診察してもらったほうがいいです。

 

精神的なストレスも眼精疲労の原因の1つと考えられています。精神的なストレスで自律神経の働きが悪くなると、ピントをうまく調整できなくなって眼精疲労を起こします。

 

ストレスが強くなると、その影響は「イライラして落ち着かない」「眠れない」といった精神的なことに現れるだけでなく、高血圧、血行不良、胃潰瘍といった多様な病気を引き起こす可能性があります。

 

眼精疲労によって引き起こされる見えにくさや目の痛みなどの不快感がストレスとなって、さらに症状を悪化させるという悪循環に陥ることもあります。

 

眼精疲労の主な症状

 

眼精疲労の症状は様々ありますが、主な症状を挙げると以下のようなものになります。

 

  • 乾いてチカチカする
  • 物を見るときにピントが合いにくい
  • 目の中に何か入っているような違和感

 

上記のものは、目に現れる症状ですが、実は体にも不具合が出ます。

 

  • 目の奥の痛み
  • 頭痛
  • 首こりや肩こり
  • 不眠

 

症状は人それぞれです。目の奥の神経などが影響して頭痛が起きたり、頭を支えている首や肩の血行が悪くなったり、同じ姿勢で緊張し続けてこりの症状が出てしまいます。

 

特に気を付けたいのが神経への影響です。気づかぬうちにストレスがひどくなり、神経へ影響して頭痛や腹痛を引き起こすことがあります。

 

このような場合、病院で検査してもなかなか原因がつかめないのが現状です。疲れ目がなかなか収まらない状態でそのまま放っておくと、思わぬ病気が進行しているかもしれません。

 

眼精疲労を対策する方法とは?

 

眼精疲労は視環境や視生活に注意をすることで、対策をすることができます。

 

  • 作業時の照明の明るさ・姿勢
  • パソコンの作業中はこまめに休憩を取る
  • 室内が乾燥しないように注意する
  • 十分な睡眠をとる

 

主な対策法としては、上記のものが挙げられます。作業するときには暗いよりは明るい方が作業はしやすいですし、ものも見やすいです。でも姿勢が猫背であったりすることで、眼精疲労の症状が出てくるので、姿勢を正すことも大切です。

 

パソコンを見るときは、瞬きの回数が他の作業をしているときよりも減っています。瞬きは一見、何の役にも立っていなさそうに思えますが、実は目を乾燥させないようにしていたりする役割もあるんです。だから、目を休ませることも大切です。

 

空気が乾燥していると、目も乾燥してきます。そのため、加湿をして、乾燥しないようにしましょう。

 

睡眠をとることも大切です。寝不足の時に目を使う時間が無くなる一方で、目を休める時間が減るので目が疲れるのは当然のことです。悪循環にならないためにも、睡眠はちゃんととるようにしましょう。

 

トップへ戻る