白内障にいいサプリはあるの?

白内障は症状をはっきりさせることで予防ができる!

 

白内障の症状

 

白内障は視界がかすむため、老眼と勘違いされがちです。でも、老眼だと思って放っておくと、実は白内障になってしまっている場合もあります!そんな白内障の症状や早期発見する方法、原因、予防方法について紹介しています。

 

 

こんな症状があったら白内障かも!?早期発見チェック♪

 

ぼやけて見えるから、老眼だと思っていませんか?実は、こんな症状があったら、白内障になっている可能性があります。白内障にかかっているかどうか、手軽に確認ができます。

 

下記の10項目に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

 

  • 視界にかすみがかかっているような感じがする
  • 物がぼやけて見える
  • つまずいたり転んだりすることが多くなった
  • 階段などで距離感がつかみにくい
  • テレビの字幕などが見えにくく、読むのに時間がかかる
  • 光がまぶしく感じる
  • 急に視力が低下した
  • 外で人の顔がわかりにくいことがある
  • メガネをつくりかえたけど、視力が矯正できなかった
  • 老眼鏡を使っていても、文字が見えにくい

 

上記の項目に1つでも当てはまる場合、白内障の可能性があります。

 

老眼と勘違いされがちな白内障の症状とは?

 

白内障の主な症状には、

 

  • 光をまぶしく感じて明るいところで物が見えにくい
  • かすんだように見える
  • 物が二重三重に見える

 

が挙げられます。老眼と同時期に白内障は進行するため、「もうすぐ老眼鏡が必要になる年齢だから目がかすんでもしかたない」と思い込んでしまう人が多いです。

 

でも、メガネをかけても、見えにくかったりして、変わらない場合は白内障の疑いがあります。

 

40代から3割の人が発症する白内障の原因とは?

 

白内障の原因

 

白内障を発症している人の9割は、加齢が原因と言われています。残りの1割に紫外線や糖尿病、アトピー性皮膚炎、目のけが、ステロイド剤などの薬の副作用があります。

 

白内障は、年齢を重ねれば、誰にでも起こりうる病気です。白髪などと同じ老化現象のひとつです。でも、年齢と比例して、誰にでも平等に現れるとは限りません。

 

でも、白内障は予防次第で進行を遅らせることができることができます。

 

自分でもできる白内障予防はどんなものがあるの?

 

白内障は目の老化現象によって、誰にでも起こりうる病気ですが、日ごろの心がけ次第で、予防をすることができます。どんな方法かというと、それは紫外線対策をすることです!

 

どうして、紫外線対策することが白内障の予防になるのかというと、老化と深く関係しているからです。紫外線は細胞の酸化を早めます。

 

目には、光の入る瞳孔と呼ばれる穴があります。光が入ってくるときには、紫外線も一緒に瞳孔を通るため、カメラのレンズと同じような役割をしている水晶体が、紫外線の影響を受けます。

 

すると、水晶体のタンパク質が酸化変性して、白く濁ります。そのため、紫外線は白内障にとって、天敵です。

 

どんな予防をしたらいいのかというと、UV加工のサングラスをかけたり、つばの広い帽子をかぶることです。

 

白内障予防のサングラス

 

サングラスと聞くと、色の濃いものをかければいいじゃないと思うかもしれませんが、間違いです。確かに目に光はとどかないけど、暗いため瞳孔が開きます。

 

光は正面からだけでなく、おでこに反射して入ってきたり、サイドや上下からも入ってきたりします。瞳孔が大きく開いていれば、正面以外から光がたくさん入ってくれることになります。

 

そのため、紫外線の影響も受けやすくなります。逆に、色の薄いサングラスの場合、明るいため瞳孔は閉じます。そして、光と一緒に入ってくる紫外線の量も減少することができます。

 

サングラスは同じ紫外線カット能力があるものでも、色が薄いものを選んだ方が紫外線によるダメージが少なく予防できます。

 

さらに、つばの広い帽子をかぶるほど紫外線によるダメージを予防できます。

 

予防対策次第で目の老化の進行は遅らせることができる!

 

加齢による老化は誰でも経験することです。そのため、目の老化も年齢を重ねることで、進行していきます。でも、上記で紹介したように、紫外線対策をするだけでも、目の老化が進行していくスピードを遅らせることができます。

 

日頃から、紫外線対策をするだけでも、白内障予防はできるので、サングラスや帽子をかけるように心がけることが必要です。

 

白内障予防にいいとされる食品とサプリは?

 

白内障予防にいいとされている成分に、ルテインがあります。

 

 

ほうれん草やブロッコリーなど色の濃い野菜などを食べることで摂取できます。でも、毎日、ルテインを1日の目安量6mgを摂取するのが難しいのも現実です。

 

そんな時には、サプリを摂取することで、不足しがちな栄養を補給できるので、偏りがちな食生活を送っている人にとっては便利です。

 

特に、白内障にかかっている人の場合は、1日あたりルテインが20mg摂取する必要があります。そのため、普段の食事だけではルテインが不足しがちです。

 

体内のルテインを増やして、治療効果を高めるためには、サプリを活用するのもアリです。