加齢黄斑変性の特徴的な症状と予防

加齢黄斑変性は生活習慣や食生活を見直すことで改善できる!

 

加齢黄斑変性

 

加齢黄斑変性は高齢化社会になっている日本で、急増していると言われています。発症している人は約50万人ほどですが、予備軍の人も含めると約700万人以上がなっていると言われています。

 

そんな加齢黄斑変性には、どんな特徴的な症状があり、何が原因で引き起こされるのか、またどんなことに注意したり、食生活はどのようなものを摂取したらいいのかをまとめてみました。

 

 

加齢黄斑変性の症状

 

加齢黄斑変性は、他の目の病気とは異なる点があります。それは、視野の中心部がかけることです。つまり、見たいところに限ってみえないわけです。

 

人をイライラさせるこの症状はストレスの原因になり、「行先表示が見えないからバスに乗れない」、「向こうからくる人の顔がわからない」などの日常生活に支障をもたらしたりしています。

 

また、片目ずつ進行していくため、気づきにくいとも言われています。

 

加齢黄斑変性は生活習慣が原因?

 

加齢黄斑変性は50代を過ぎるとかかりやすくなると言われています。そのため、加齢が原因の1つです。他にも以下のものも原因と言われています。

 

  • 太陽の光
  • 遺伝
  • 喫煙
  • 偏食

 

かつて日本人には、きわめてまれな病気でした。しかし、食生活の欧米化やダイオキシンの増加などが原因で患者が増えていると考えられています。

 

また、女性の方が男性の2倍も加齢黄斑変性にかかりやすいと言われています。さらに、喫煙者もかかりやすいとされています。どうしてなのかというと、喫煙によってルテインが減ってしまうからです。

 

太陽の光も直接見ることは、目にはよくありません。食生活も欧米化しているため、バランスのとれた食事ができていないのも原因の1つです。

 

加齢黄斑変性の予防として食べた方がいい食品は?

 

長年の研究の結果、ルテインを摂取したことで加齢黄斑変性が改善された実験結果があります。そのため、ルテインが含まれている食品を食べるといいと言われています。

 

ルテインは、カルテロイドという色素の一種で緑黄色野菜に多く含まれていることが分かりました。

 

主に、多く含まれている言われているものは、ケールやほうれん草、ブロッコリーと言われています。

 

 

ルテインの1日の目安摂取量は、6mgと言われています。ほうれん草100gでルテインを10.2mgを含んでいると言われているので、ほうれん草を食べることで1日分は摂取できる計算になります。

 

100gと聞くと、ちょっと多そうで食べれないと思うかもしれません。しかし、ほうれん草の場合は生だと多く見えますが、茹でてしまえばかさが減り、見た目の量も少なくなるため、食べやすいです。

 

しかし、毎日、ほうれん草を食べるのは大変だし、食費もかかってしまう…という点もあります。野菜嫌いの人にしてみれば、食べれないので、どうしようと考えるかもしれません。

 

そんな人にはサプリが便利です♪

 

サプリを利用することで食品を食べなくてもルテインを摂取できる

 

ルテインサプリは今ではいろんな種類が、たくさんのメーカーから発売されています。しかし、ルテインサプリは天然のもので作られたものと、合成物の2種類があります。

 

野菜や植物などの天然由来のものを使用して作られたものならいいのですが、合成の場合は副作用が出る可能性が高くなります。とくに、喫煙者の場合は、その副作用が出る可能性がもっと高くなります!

 

サプリを摂取しようと考えている場合は、原材料はどんなものを使ってルテインが含まれているのかをちゃんと確認した後、購入するかどうか検討したほうがいいです。

 

トップへ戻る